学校案内、会社案内、カタログなど、さまざまな形態の冊子を制作します。
企画立案から印刷まで、トータルにご対応します。

企画、編集、原稿作成、写真撮影、デザイン制作など、すべての工程でブランド戦略をふまえて完成させます。ご予算と目的に合わせた企画をご提案しますので、まずはお気軽にご相談ください。
原稿や写真を全てご支給いただいてデザイン制作するケース、印刷データで納品するケースなどのご要望にもご対応します。ご遠慮なくお伝えください。

冊子の活用例

学校案内
大学、専門学校、高校の「学校案内」は、入学希望者に必要な情報を提供するためのパンフレットです。学生に直接送られるため、教育理念から授業詳細や学費に至るまで簡潔にわかりやすく編集する必要があります。

会社案内
自社の事業概要、会社概要、代表商品・サービス、沿革などをまとめた冊子です。広報や営業、採用活動などの目的に合わせて編集します。自社が伝えたい内容とユーザーが知りたい情報のバランスに注意が必要です。

カタログ
多数の製品・サービスを、種類やカテゴリーごとにまとめたパンフレットです。商品のブランドイメージを表現するとともに、情報や商品を必要に応じて簡単に探せるユーザビリティが求められます。

case:学校案内
デザイン・ファッション・美容専門学校の2019年学校案内

デザイン・ファッションと美容・ブライダルの複合専門学校の学校案内、Webサイト、その他の広報ツール、看板などを一貫してご依頼いただいた事例から、「学校案内」の冊子制作のポイントをご紹介します。
少子化が進む現在、専門学校では学生の確保が重要な課題になっています。同校は首都圏に近く、数多くの競合校がしのぎを削る地域にあります。通学圏はもちろん遠方の生徒に向けて、どうやったら進学の選択肢として認識してもらえるか悩んでいらっしゃいました。

いただいたオーダーは3点。

1. 募集活動に有効なパンフレット+Webにしたい
2. イメージを刷新し、学校のブランド力を高めたい
3. 複数学科すべて偏りなくプラスイメージで表現したい

「学校案内」は、学生募集の最重要ツールです。ターゲット層に直接送られるため、アピールポイントをわかりやすく、しかも共感をもって受け入れられるようデザインすることが必須です。また、高校、中学校、塾などにおける先生方の説明活動でも活用されるため、流用しやすいコンテンツ構成、ビジュアル、キャッチコピーを考案しました。

❶ コンセプトワークで「強み」を明確に

従来、同校では各科の先生方がそれぞれにコンテンツを作成し、広報ツールとしてまとめていたため、視点がまちまちで独自性が伝わりづらくなっていました。「学校広告クリエイティブ部」では、まず競合校の広報ツールを徹底リサーチするとともに、同校の「強み」を明確にするために在校生と先生を対象に丁寧なヒアリングとアンケートを実施しました。独自の「強み」を探求するコンセプトワークを通して、ご担当者と先生方とともにその「強み」を共有するプロセスを大切にしました。制作の過程では、それぞれの学科の「強み」を印象的に伝える構成とデザインを考案し、競合校との差別化を徹底。またコピーライターが学校現場で取材を行い、メッセージを響かせるキャッチコピーの作成にも力を入れました。

point
独自の「強み」を再確認する
独自のアイデンティティを明確にする
「共感」の方向性を定める

idea
在校生と先生にヒアリングやアンケートを行うことで、運営陣、広報担当者、先生方がこれまで気づかなかった「学校の良さ」が再確認できます。「強み」を捉え直し、独自のアイデンティティを明確にすることで、ターゲット層の共感をもたらす広報ツールの方向性が定まります。

❷ アートワークで訴求効果を狙う

デザイン科や美容科のある専門学校だけに、外観のインパクトはターゲット層の目を惹きつける重要なファクターです。見た瞬間に「手に取りたい」と思わせる強い視覚的なインパクトが求められます。
とりわけクオリティを左右するのは、写真です。この事例では、ファッション撮影を得意とするカメラマンをアサインし、ターゲット層が近未来の自らの学生像を魅力的に想像できるよう、シンプルなポートレート、作り込んだポーズ、ドキュメンタリー風など多様なテイストで撮影。また、手に取った人が思わずページをめくりたくなるドラマチックな構成とキャッチコピーにも工夫をこらしました。

point
効果的に心に響く「いい写真」を撮影する
新鮮なアートワークで、独自の世界観をアピールする
最後までページをめくりたくなる流れを演出する

idea
ターゲット層の心をわくわくさせられるかが、重要な鍵です。全体の色づかい、写真、イラスト、デザインを一貫したアートワークで仕上げてこそ、「手に取りたい」と感じさせる広報ツールになります。

料金表ページへ


ギャラリーページへ



 

ご依頼の流れ

1. お問い合わせ

まずは問い合わせフォームかお電話で、お気軽にご連絡ください。
制作物、数量、納期、予算をお伝えいただくとスムーズです。
ご連絡いただきましたら、ヒアリング日時をご相談します。

2. ヒアリング・お打ち合わせ

ヒアリングでは、
・デザイン制作の目的、今回のご依頼で実現したいこと
・御社の商品やサービス内容
を中心に、詳しくお聞きします。

3. スケジュールと概算見積り

ヒアリング後、スケジュールと概算見積りをお送りします。
ヒアリングから概算見積りまでは費用は発生しません。ご安心ください。

4. 発注・ご契約

ご納得のご連絡をいただきましたら、正式なお見積書をお送りします。
発注書をご返送いただくと、正式なご契約となります。

5. コンセプト・デザインラフのご提案

ヒアリング内容を元に、コンセプト、ページ構成案、デザインラフ(通常、表紙と中ページ2ページ程度)をご提案します。クリエイターネットワークによるテイストの異なる複数デザインから1案をお選びいただきます。
※デザインラフ作成前に、ある程度の原稿や写真などのデータの提供をお願いする場合があります。

6. 原稿作成・撮影

原稿は、ご依頼によってライターを同行しての取材をもとに作成します。あるいは支給していただいた原稿をもとに、表現や文字数を調整してリライトします。写真は、適切なカメラマンをアサインして撮影します。必ず弊社アートディレクターが同行します。もちろん、全ての手配はお任せください。

7. 制作

スケジュールに沿って、デザイン・編集の作業を進めます。制作終盤での校正チェックは、出力紙のプレゼンテーションまたはWeb上でのpdfデータ確認など、適宜、細やかなコミュニケーションを取りながら行います。

8. 印刷・納品

校了の確認をいただいたところで印刷に回します。ご要望によって色校正を出して調整することもできます。最後まで、ご要望に沿ってクオリティを追求しますので、ご遠慮なくご要望をお伝えください。納品は、配送かお引き取りになります。ご希望に沿って対応いたしますので、お気軽にご相談ください。