イルは、お客様のブランド価値を高める広報・広告表現を追求するデザイン事務所です。

イルの考え

「こんなデザインが欲しかった!」
と喜んでいただける成果を目指して

イルは、2007年に創業したデザイン事務所です。
社名の「il」は、イタリア語の固有名詞に付ける定冠詞「il」(英語の「the」)に由来します。定冠詞を付けると、他とは区別された固有の事物となる。その定冠詞の機能のように、デザインによって事物に独自性を生み出していく。その志を込めた社名です。

 

 
創業以来、常に心がけているのは、お客様の立場で考え、ご要望を超えるプラスαの価値をご提供することです。デザインの力が必要とされる幅広い分野で、ご縁をいただいた方々と真摯に向き合い、ひとつひとつの制作物を大切に仕上げています。
クライアントは、企業や学校から小さなお店まで。
「イルに任せれば大丈夫」……そんな信頼・信用を多くのお客様からいただいています。

「こんなものは作れますか?」「リニューアルしたいけど、何をしていいかわからない」「どうしたら効果的に訴求できる?」etc.……どうぞ、まずはお気軽にご相談ください。

 

関わる人すべての思考と感性を
デザインに結晶させる

ひとつの制作物には、イラスト、写真、キャッチコピー、文章など、さまざまな構成要素があります。それらの相乗効果を引き出し、結晶させるのがデザインです。
イルが幅広いデザインテイストや表現手法で多様なご要望に応えられるのは、長年の活動で培われたカメラマン、イラストレーター、ライターなどのクリエイターとの信頼関係があるからです。案件ごとに最適なクリエイターと組むことで、表現の幅が広がります。関わるクリエイターたちのセンスと技術を有機的に活かせるよう、最善の心配りとマネジメントを徹底しています。
 

制作物をとおして何を目指すのか。そのために、誰に、何を、どのように伝えるのか。最適なチームを組み、アイディアを練って創作します。マーケティングや印刷・Web技術に詳しいディレクターが、経験豊富なクリエイターたちをまとめあげます。どうぞ、安心してお任せください。

 

 

イルが常に探求しているのは、本質的な価値を捉えたデザインです。流行、常識、伝統、思い込みの枠を外し、型にはまらない独自の表現を求めてチャレンジしつづけています。

会社概要

会社名 株式会社 イル
本社 177-0054 東京都練馬区立野町11-18 2F
電話 03-5903-9633
資本金 3,000,000円
設立 2007年5月
役員 代表取締役 岩本正樹
取締役 一ノ瀬佳子
顧問 岩本正記
代表略歴
1991年 桑沢デザイン研究所卒業 / イラストレーション、デザインの制作会社にてキャリアをスタート
1991年 TOKYO URBANART#1 入選
1993年 イタリアへ留学
1994年 第31回広告美術コンクール 大衆賞、群馬県知事賞
1997年 帰国後、知人とデザイン会社設立に参加 アートディレクターとして勤務
2004年 フリーランスのグラフィックデザイナー、イラストレーターとして独立
2007年 株式会社イルとして法人化
2015年 事務所移転 / 学校広告部を立ち上げると同時にクリエイターネットワークを活かした現在のスタイルを確立
2017年 株式会社 日新の事業(屋外広告)を統合 / 新宿区に制作ラボを設立
取引銀行 みずほ銀行 吉祥寺支店 / 三井住友銀行 自由が丘支店
主な事業 ブランド構築・CI開発 / グラフィックデザイン制作 / パッケージデザイン制作 / イラストレーション制作 / Web制作・Webマーケティング / Webサービス運営 / 映像制作 / 屋内外広告サイン企画・デザイン・設計・メンテナンス

沿革

2007年 5月 世田谷区奥沢で法人化
2011年 5月 目黒区自由が丘に事務所を移転
2015年 11月 練馬区立野町に事務所を移転
2017年 5月 株式会社 日新の事業を統合